<   2018年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧

仮設トイレ増設!

みなさま、

本日3/30(金)㈮、代々木公園サービスセンターへ、次の週末までに仮設トイレ増設の緊急要望書提出(3/26)後の対応を聞きに行きました。
代々木公園サービスセンターの対応は以下です。

・仮設トイレを10基増設。のぞき盗撮の性暴力がおこる疑いのある辺り2箇所に、混雑が続くまで継続設置。
・比較的混んでいない園内のトイレを案内する当園の地図を、混雑するトイレに掲示。
・雑木林の道沿いに、のぞき盗撮の注意を呼びかける看板の増設。
・のぞき盗撮される疑いのあるいくつかの場所を職員、警備員が連日巡回。

以上です。

26日要望書を提出し話に行った時、サービスセンターは「うちはちゃんと対応している」など、仮設トイレ増設を渋っている様子でした。しかし、状況を確認し説明しすると、サービスセンターも毎年のことと認識しているようで、やはり事態は深刻。
今回こちらが要望した今の倍の数(元々53基仮設トイレが増設されていました)、もしくはそれに近い数には至らなかったですが、混雑するトイレの近くなど10基、新たに配置されました。
また、被害に遭われた方も声を上げやすい環境づくりの工夫もお願いしました。


今回、緊急の呼びかけにもかかわらず、ノラの要望の賛同を東京都や公園サービスセンターへ届けて下さった方々、本当にありがとうございました!
公共公園で安心していられるよう、性暴力を防止する取組みや工夫をこれからも考えていきたいです。


[PR]
by noratokyo | 2018-03-31 00:29 | ラララ ノラ

仮設トイレ増設の緊急要望書

花見の来園者が増えるこの時期、都立公園で性暴力を防止するために仮設トイレ増設、東京都が性暴力被害の相談窓口を周知することを、代々木公園サービスセンターと東京都に要望しました。


またノラの緊急要望書に賛同いただけたら、ぜひ以下、メールもしくは電話、ファックスをして仮設トイレを増設するように連絡してください。

代々木公園サービスセンター 0334696081 FAX 0334696082 yoyogisc@tokyo-park.or.jp

東京都 建設局 公園緑地部 0353205376 S0000381@section.metro.tokyo.jp
 もしくは、東京都東部公園緑地部 0338216141 S0000437@section.metro.tokyo.jp

東京都 総務局 人権部 人権施策推進課 TEL:0353882588 FAX:0353881266 S0000043@section.metro.tokyo.jp

みなさま、都立公園へお花見に行くなら、東京都へ仮設トイレ増設の要望をしてからねー。

**********************************************************
仮設トイレ増設の緊急要望書
2018年3月25日
代々木公園サービスセンター 御中
東京都建設局公園緑地部 御中
東京都総務部人権施策推進課 御中

 今年も代々木公園ではさくらの開花を迎えました。公共公園として多くの様々な人たちが訪れることができるよう終日開放される事はとても重要だと思います。
毎年さくらの開花時の週末には、来園者数が数万人ほど増える事が予想され、いくつかの仮設のトイレが設置されています。しかし、その来園者数に見合った仮設のトイレが足りないために、深刻な性被害が起きています。土日など休日の混雑時には、女性トイレ利用者は30分〜1時間ほど並ぶことになります。そのために草むらで用を足さなければならない状況が発生し、それを狙った「のぞき」「盗撮」する人たちが集まっています。これは、生理現象で抵抗しにくい状況を狙った悪質な性暴力です。
ここ数年、代々木公園サービスセンターは、これらの性被害者および目撃者からの通告を、数件受けていると聞きました。昨年、公園サービスセンターへある被害者が申し出た時「警察へ被害を届けてください」「警備員を巡回させます」と答えています。
現在、警察を含む公的機関による性暴力の問題意識はたいへん低く、また多くの被害者は、トイレをがまんできなかった羞恥心や自責感によって被害を届けていません。また、当公園に配属されている警備員は男性が多く見られ、性暴力被害を通告しにくいと感じることがあります。警察へ届け出る事、警備員の巡回は、トイレを利用するために30分〜1時間待たなければならない問題の解決になっていません。
3月25日日曜日13時から18時まで、代々木公園西門南側から丘の広場手前、枝置き場手前一帯において、女性が草むらに入るのを巡回もしくは立ち尽くし待機し、女性が草むらに入ると集まって来て、女性がしゃがみ込むとある距離まで近づいてじっと見ている「のぞき」「盗撮」の疑いの極めて高い人たちを、少なくとも10人特定しました。このような状況が、花見客が増えるこの時期、当公園内の各所や、同じく花見によって来園者が増える他の都立公園でも起こっていると予想されます。更に、ネット上には代々木公園でこれらの行為による性暴力をあおる情報が氾濫しています。2014年には同様の行為をした盗撮グループが逮捕されており、これらは氷山の一角と思われます。
この状況に対して、代々木公園サービスセンター並びに東京都建設局公園緑地部、東京都総務部人権対策推進課へ、至急、以下の対応を要望します。

 1、性暴力を防止するために、現在設置してる仮設トイレの倍の数、もしくは出来るだけそれに近い数を、近日中、もしくは来週末(3/31、4/1)までに増設すること。
 2、公園内での性暴力被害の相談窓口を設置し、来園者全体に周知すること。

花見の時期に起こる女性トイレをめぐる性暴力問題に対して当公園サービスセンターや東京都は認識しつつ、仮設トイレ増設など対応を行わない事は、性暴力に加担することとなっています。
3月31日4月1日は25日以上に来園者が増えることでしょう。直ちに、公共公園における性暴力を防止する対応を求めます。

ノラ
連絡先:東京都渋谷区

*********************************************

[PR]
by noratokyo | 2018-03-26 22:56 | ラララ ノラ