ふぇみんバザー!

d0134281_11422452.jpg

ノラ、今年もふぇみんのバザーに出してます!
[PR]
# by noratokyo | 2016-12-04 11:42 | ノラが行く-☆gyousyou

小山さんのノートから

2013年12月に亡くなった小山さんが残したノート。
月に一回、数人で文字おこしを続けています。

この季節、亡き人を偲ぶ機会が多く、
小山さんのこの一説に出逢いました。
紹介します。

「若くて身近な人の死はなんと暗い影を残すことだろう。
ある日突然、寒々と病の為、野さっと姿をかくしてしまう。
自分の姿さえ、消されそうな、ふるえに痛んでいる時に、
乱舞する命の流動は人間が数いる限りまぬかれない。
聞くに聞きえない聞かせるに聞かせられない心境だ。
人間の命日は誕生日だともある本で読んだ。あまりにも、
血なまぐさい悲そうな場面を見せるものではない。
きっと皆どこかで、命や魂を生きているだろう。自分で魂を生きているだろう。
自分で自分の死をみとり、自分でほうむれと空海やイエス様の古代の教えもあった。
大変むずかしいことだと思う。天国地獄も、皆、自分自身の心にあるのだと思いながら、
つい幻想的になってしまう。
あまり、こだわると空論の海に沈ぼつしてしまう。私は泳ぐことは出来ない天と地…。
地上の大地をふみしめ、宇宙■■■の心境をかみしめよう。
昨日の痛みが消えていくだろう。生なる勝気(ママ)が再びよみ返り、再び理想の愛が、
我■地を包み込めるようになれるまで、私はしばらく時間がかかる。
狂気散乱に叫んだ時は終わっただ死ぬ気であれば、何でもできるという言葉もあるが、
とうとう、出来ないことが数多くある現在だ。」

(■は不明)

d0134281_20184775.jpg
[PR]
# by noratokyo | 2016-07-03 20:19 | 小山さんノートblue tent vil

プラスチックのふくろでお財布作り

開発部長はマレーシアでビンボー人のための財布づくり(Thanks, Merchandise)を伝授してきました!
お菓子の袋やスーパーの袋などなどプラスチックの袋を重ねてアイロンをかけ、丈夫にします。
それで、裁断してチクチク縫う。
アイロンはないので、ヤカンやフライパンでやってみようと、アイデアが出ています。

大きなお金の入らない、てづくりのかわいおもしろい財布、ノラにぴったりです。

2015年12月10日13時頃からお財布作りワークショップ (おもしろい袋持ってきてください。)
中身は空っぽでも、楽しいおもしろい財布、いっしょに作りましょう。

(写真は、マレーシアでメジャーな食パンの袋で作りました。)
d0134281_16585594.jpg
d0134281_16591069.jpgd0134281_16592521.jpg
[PR]
# by noratokyo | 2015-12-07 17:01 | ラララ ノラ

小山さんノート文字起こしワークショップーフランス編

小山さんノートワークショップ―フランス編

小山さんが公園のテント村から小銭を握り締めて通った「フランス」。
 ―わたし、フランスへいってくるわ― (小山さんのノートより)
小山さんが「フランス」と呼ぶ所は、喫茶店でした。(どうやら「イタリア」と呼んでいた喫茶店は隣の喫茶店のようです) そこでは小山さんがひとりになれるところでした。そして、日々の思いや出来事をノートに書いたり、読んだりしていたようです。

2015年7月11日、今回のワークショップは、小山さんのノートに登場するフランスと思われる喫茶店に集まりました。
 参加者は、まずその「フランス」で、それぞれ文字起こしをしているノートを改めて読みました。喫茶店での人々の声、窓からの眺め、建物の様子を感じながら、朗読をしてみました。
その後、それぞれ文字起こしをしている小山さんのノートに書かれている場面を、地図上で探しました。そしてわたしたちはフランスを出て、小山さんがいつも歩いていたと思われる街歩きコースを、小山さんがやっていたように拾い物をしながら往復しました。
 具体的には、フランスから表参道、小さな神社、歩道のベンチをめぐって公園に戻り、かつて暮らしていて立ち退きにあった地、パートナーから離れて1人でテントを建てた地、夕陽を眺めたり音楽を聴きながら全力で踊ったりした陸橋、行き付けの銭湯など。それぞれの場所で、その風景、音、風を感じながら、朗読をしてみました。
 この道を小山さんがどんな気持ちで歩いていたのか、思いを馳せながら歩くのはとても感慨深いものがありました。
 まるで小山さんの日々を追体験しているような、不思議な旅でした。


Workshop: Ms. Koyama’s Notebook – In France –

-- I’m going to France -- (Koyama, 2001) 
Holding a few coins, Ms. Koyama used to go to “France” from Blue Tent Village in Yoyogi park.

Ms. Koyama named a café “France”. (She called the café next to “France” “Italia”.) It was the only place where she could relax all by her self. She wrote her diaries and read those she wrote in the past.

We held the workshop at a café which appeared in Ms. Koyama’s diaries many times as “France”. We read each of the notebooks we’ve transcribed and recited it there with thinking about Ms. Koyama’s experience -- how she might have heard people talking there, what she saw from the windows, and how she felt being there.

Then we followed Ms. Koyama’s footstep from each notebooks. We left “France” and walked up and down the street where Ms. Koyama used to walk. We looked for something to pick up such as cigarette buts as Ms. Koyama used to do.

We left “France” then walked to Omotesando-area and stopped at a small shrine and benches on the street, then we went to the park where Ms. Koyama used to live and later got evacuated. We also visited the place in the park where Ms. Koyama set up her own tent after she got separated from her partner. There is Ms. Koyama’s favorite overpass where she used to watch sunset or dance with music. There is Sento, a public bath, she often went to. In each places, we read aloud Ms. Koyama’s diaries. We experienced for ourselves what Ms. Koyama had gone through. It was moving that we were following Ms. Koyama’s footstep with thinking about how she might have felt there.

d0134281_1901880.jpg
d0134281_193278.jpg



d0134281_1964050.jpg


d0134281_19114427.jpg



d0134281_19133671.jpg


d0134281_1915429.jpg


d0134281_1919550.jpg


d0134281_19203761.jpg

[PR]
# by noratokyo | 2015-07-29 19:21 | 小山さんノートblue tent vil

ノートから小山さんのお話が聞こえるよう

小山さんは、テント村のある公園と喫茶と街を往来し、様々な出会いがあります。
東京の歩ける範囲の行動範囲ですが、小山さんの生きる世界は広く、深く、天空を突き抜けるようです。
次回は文字おこしを行っているメンバーと一緒に小山さんのノートを持って小山さんが歩いた街に繰り出します。
Ms. Koyama used to wandered around the park where Blue Tent Village was, and cafes and the city.
She had various encounters through her daily journey.
It was only within the walking distance in Tokyo, but she lived her life as if it was expanded into the broad and deep world.
The next workshop will be to follow Ms. Koyama's itinerary together with those who have been transcribed her journals.

d0134281_22552156.jpg

d0134281_232967.jpg

d0134281_23132620.jpg

[PR]
# by noratokyo | 2015-06-20 23:17 | 小山さんノートblue tent vil