野宿者をなめるな!生きる力を奪うな!  さくらグリーンハウス殺人事件を許さない 渋谷区抗議デモ

d0134281_16405295.jpg
野宿者をなめるな!生きる力を奪うな!  さくらグリーンハウス殺人事件を許さない 渋谷区抗議デモ

2017.11/27 月曜日 11時 美竹公園集合
<太鼓、鍋を叩くなど大歓迎!デモ後はみんなで腹ごしらえをし、渋谷区へ抗議しよう!>
主催: 宮下公園ねる会議   共催: ノラ、 のじれん
http://minnanokouenn.blogspot.jp/

NPO法人さくら福祉推進協会の無料低額宿泊所(注1)さくらグリーンハウス市川に入所していたKさんが8月28日、施設長に暴行され亡くなりました(注2)。 わたしたち野宿者と支援者たちは、この痛ましい事件に大きな喪失感をもっています。
一方この夏、渋谷区生活福祉課で同NPOの宿泊所を紹介されたある方は、職員から度重なる暴言、嫌がらせを受けました。 生活保護費のほとんどを天引きされ、劣悪な環境で暮らすことは到底、耐えられることではありません。 そしてある日、身ひとつで宿泊所を脱出し、渋谷の野宿者たちと生き延びました。

宮下公園の野宿者排除を主導してきた長谷部健渋谷区長は、渋谷区報やメディアなどで「(ホームレスの人たちのために)渋谷区は先進的な『ハウジングファースト事業』を行っている」と、8床しか用意がない同事業を強調し、繰り返されてきた野宿者排除を隠蔽しています。 また、渋谷での野宿者支援に、あからさまな敵意を流布しており(注3)、野宿者の尊厳への配慮はみられません。 長谷部区長は「公務で忙しい」「真摯に話しあいができる状況ではない」と文書で簡単に回答するのみで、わたしたちと面会しようとしません。
わたしたち野宿者や支援者たちは、宿泊所などの劣悪な状況を行政に再三抗議してきました。 無料低額宿泊所の改善が徹底されていれば、Kさんの死はありませんでした。 もし、Kさんが路上に逃げてこられたら助かったかもしれない、わたしたちと一緒に生き延びることができたかもしれないと悔やまれます。 もちろん女性がひとりで野宿するには様々な困難がある社会状況です。 それでも、わたしたちは既存の家族のつながりではなく、お互いどのように助け合えるか、どう工夫し補い合えるか、模索しながら生きる場を作ろうとしています。 その生活は貧しくとも尊厳があり、わたしたちはそこで共に生きる事を目的としています。
格差が広がり過剰な競争社会の中で孤立する貧困者は、路上にはじき出されてきます。 しかし、わたしたち野宿者は、わたしたちを苦しめ死に至らしめるような制度は利用したくありません。 弱みにつけ込む貧困ビジネスとわかっていながら、それらの宿泊所、寮、施設を紹介する渋谷区をはじめとする福祉行政を許しません。 再開発工事で野宿者を追い込みながら、福祉関係者がしつこく寝場所を訪問するような<追い出しのための福祉>に強く抗議します。 そして、再開発工事を名目とした野宿者排除を繰り返さないこと、野宿者と支援者への敵視の流布を止めることを長谷部健区長に強く要求します。


注1ー無料低額宿泊所(宿泊所)とは
社会福祉法に基づき生活困窮者に対して泊まる場所(食事など)を提供する施設だが、知事に届ければ誰でも開設できるために「貧困ビジネス」の温床になっている。全国に537カ所あり、1万5600人が入所している。また、無届け施設も多く、1236カ所、1万6578人(すべて2015年厚労省調査)となっている。また、入所者の9割以上は生活保護を受給している。部屋は2畳から4畳半程度であり(相部屋もあり)、生活サービス料(食事代など)も大幅に天引きして、入所者には保護費を月1万~3万程度しか渡さない施設が多い。福祉窓口が受給者に宿泊所を斡旋する他、事業者自らが野宿者を勧誘して利用させている。都は昨年春、個室を原則とし一人あたり4畳半以上、生活サ ービス利用は入居者の選択とした宿泊所設置運営指導指針を施行したが、宿泊所の状況は一向に改善されていない。

注2ー ニュース記事
https://www.nikkei.com/article/DGXLASDG31H3S_R30C17A8CC1000/
https://www.chibanippo.co.jp/news/national/439379

注3ー インターネットメディアでの長谷部健区長の発言 
<FUZE 2017.09.25 https://www.fuze.dj/2017/09/shibuya-ku.html>
「 問題なのは、「ホームレスサポート」と称して、野宿できる環境の確保を目的化してしまっているような団体や人たちがいることです。僕は、公共の公園や道路で寝起きすること等を目指すのではなく、社会復帰を促していくことが重要だと思いますし、それこそが行政が目指すべき本当の支援だと思っています。 だから宮下公園の閉鎖と工事は、宮下公園の敷地に従前から起居していた全員の方の次の居所が決まった後で始めたんです。 中には、渋谷区が「野宿者を追い出した」 「野宿場所を奪った」などと世間にアピールし続けていくために、他の場所からホームレスの方を連れてくる支援団体もありますが、ホームレスの方々と日々真摯に向き合っている福祉担当の職員の存在や、区の支援施策などについては、もっと知っていただきたいという思いがあります。」

参考ー「シドニープロトコル」とは、
オーストラリアNSW州では、ホームレスの人々の「公共空間にいる権利」を保障するプロトコル(議定書)が存在し、行政機関が部門横断的にこれに批准している。これは、2000年のシドニー五輪を契機に締結され、現在でも存続している。ホームレスの人は、本人が支援を要請した場合、危険な状況にある場合、16歳未満であると見られる場合など以外は介入をされるべきでない(放っておくべきである)ということや、また、ホームレスの人々は、他のすべての市民と同様に、抗議や訴えを起こす仕組みにアクセスできる、などがある。
Protocol for Homeless People in Public Places - Housing NSW / Sudney <行政機関が締結する公共空間における. ホームレス・プロトコルの研究. ~オーストラリア NSW 州シドニー市を対象として~.北畠拓也、河西奈緒、土肥奈真人>



[PR]
# by noratokyo | 2017-11-22 16:33 | ラララ ノラ

全国シェルターシンポジウムin東京での朗読断念のごあいさつ

9/30・10/1の「全国シェルターシンポジウム2017in東京」の会場で小山さんノートの朗読をおこなう予定でしたが、事情により断念しました。実行委員会事務局にお送りし、みなさんに共有していただいたごあいさつ文を、ここに転載します。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ごあいさつ

 「全国シェルターシンポジウム2017in東京」も目前に迫り、 このシンポジウムのために今日まで多大な力を注がれてきた実行委員会の方々、参加団体や関係の方々に、心からの敬意と感謝を表します。

 私たち「小山さんノート文字起こしワークショップ」は、9/30 ・10/1のシンポジウム会場における「小山さんノートの朗読」 を企画し準備してまいりましたが、以下の事情により、朗読を断念 することといたしました。
 実行委員会の皆様には、私たちの提案について会議で説明の時間を設けていただき、実施の形態をご検討いただくなど多くのご厚意・ ご配慮をいただきました。また、個別にお声がけくださった方々も 少なからずいらっしゃることから、改めて、私たちから直接にご報告とごあいさつをさせていただきたく、ここにお送りする次第です 。

 私たちは、公園の野宿生活者で2013年末に亡くなられた女性、 小山さんが遺されたノートの文字起こしや朗読などの活動を、2015年よりおこなってきました。
 このたび、全国女性シェルターネットの長年にわたる活動と全国シンポジウム開催の趣旨に賛同し、シンポの会場でぜひ小山さんノー トの朗読をさせていただきたいと願い、6月5日の拡大委員会に出席しました。
 しかし、その直前に、シンポジウムの助成団体に「日本財団」が含まれていることを知り、違和感をおぼえたメンバーが少なからずいたため、その旨をお伝えし、とりあえず参加は保留とさせていただきました。
 その後、メンバーで話し合い、

・シェルターネットと全国シンポの趣旨には賛同していること

・暴力や貧困のなか、自分の感性と意思をつらぬいて生きておられた野宿生活者の小山さんのノートの朗読を、シンポ参加者にぜひとも届けたいこと

・しかし、太平洋戦争の戦中・戦後にファシズムを推進し、慰安所開設などもおこなったとされる笹川良一が創設した「日本財団」とは、席を同じくしたくないこと

などの錯綜する思いから、いわば番外編として、ロビーなどで朗読 し、当日の全体資料には自分たちの紹介を掲載せず、独自のパンフ レットを配布させていただくことを希望し、その旨を事務局にご相談しました。
 8月19日の拡大委員会後、事務局の方々より、全体資料に載せないかたちでの朗読の実施は難しいとの見解をお伝えいただきました 。その後さらにメンバー内で話し合い、今回の朗読は断念することを決めました。

 シンポの開催には多大な労力と資金が必要であることは重々に理解しています。また、「全国のサバイバーと助けあい、暴力をなくしたい」という思いは私たちも同じです。しかし、私たちは個としての違和感をないことにはできませんでした。

 残念ながら今回の朗読はかないませんでしたが、皆様の活動に出会い、議論できたことは私たちにとって大変意味のある経験となりま した。
 小山さんのノートと私たちの活動に関心をもっていただき、お時間を割いてくださって本当にありがとうございました。
 全国シェルターシンポジウム2017in東京が盛会となり、参加されるサバイバー・支援者ひとりひとりの力となることを、心よりお祈り申し上げます。

 なお、9月29日(金)、夜にプレイベント「キャンドル・パレー ド」が出発する東京ウィメンズプラザ(青山・国連大学の裏)の1 階交流スペースにて、15時ごろから小山さんノート朗読の公開練習会をおこなう予定です。ご興味のある方はぜひのぞいてみてください。

 2007年9月26日
 小山さんノート文字起こしワークショップ 参加者一同

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
第20回 全国シェルターシンポジウム2017 in 東京 については
こちら  http://no-more-violence.net/



[PR]
# by noratokyo | 2017-09-27 20:25 | 小山さんノートblue tent vil

小山さんノート朗読 公開練習会

小山さんノート朗読 公開練習会
9月29日(金)15時頃~東京ウィメンズプラザ 
交流スペースや共有スペースにてゆるゆるやります。
テント村の住人の小山さんは2013年の年末テントで亡くなりました。2014年の年末に小山さん一周忌追悼展覧会をエノアールで開きましたが、その後、数人のメンバーで引き続き小山さんのノートの文字おこしをしています。そして、小山さんのノートを声に出してみようと朗読をはじめました。今回公開練習を開きます。
さて、どんな小山さんが現れるでしょうか。
d0134281_20012827.jpg

[PR]
# by noratokyo | 2017-09-27 20:02 | 小山さんノートblue tent vil

ふぇみんバザー!

d0134281_11422452.jpg

ノラ、今年もふぇみんのバザーに出してます!
[PR]
# by noratokyo | 2016-12-04 11:42 | ノラが行く-☆gyousyou

小山さんのノートから

2013年12月に亡くなった小山さんが残したノート。
月に一回、数人で文字おこしを続けています。

この季節、亡き人を偲ぶ機会が多く、
小山さんのこの一説に出逢いました。
紹介します。

「若くて身近な人の死はなんと暗い影を残すことだろう。
ある日突然、寒々と病の為、野さっと姿をかくしてしまう。
自分の姿さえ、消されそうな、ふるえに痛んでいる時に、
乱舞する命の流動は人間が数いる限りまぬかれない。
聞くに聞きえない聞かせるに聞かせられない心境だ。
人間の命日は誕生日だともある本で読んだ。あまりにも、
血なまぐさい悲そうな場面を見せるものではない。
きっと皆どこかで、命や魂を生きているだろう。自分で魂を生きているだろう。
自分で自分の死をみとり、自分でほうむれと空海やイエス様の古代の教えもあった。
大変むずかしいことだと思う。天国地獄も、皆、自分自身の心にあるのだと思いながら、
つい幻想的になってしまう。
あまり、こだわると空論の海に沈ぼつしてしまう。私は泳ぐことは出来ない天と地…。
地上の大地をふみしめ、宇宙■■■の心境をかみしめよう。
昨日の痛みが消えていくだろう。生なる勝気(ママ)が再びよみ返り、再び理想の愛が、
我■地を包み込めるようになれるまで、私はしばらく時間がかかる。
狂気散乱に叫んだ時は終わっただ死ぬ気であれば、何でもできるという言葉もあるが、
とうとう、出来ないことが数多くある現在だ。」

(■は不明)

d0134281_20184775.jpg
[PR]
# by noratokyo | 2016-07-03 20:19 | 小山さんノートblue tent vil